低炭水化物ダイエットとは?

実際にやせた炭水化物ダイエットの方法についてご紹介します

低炭水化物ダイエットを知って健康にダイエット

当サイトへのご訪問、ありがとうございます。ここでは、実践してやせられた炭水化物量を減らすことでダイエットになる方法について詳しくご紹介しています。

ダイエット方法をお探しの方、炭水化物を抜くダイエット方法について詳しく知りたい方、是非是非ご覧になってください。きっと一つくらいは、参考になるような情報があります。

低炭水化物ダイエットって?

低炭水化物ダイエットとは、どんなものか?その名の通り「毎日摂っている炭水化物の量を減らしてやせよう」というものです。

でも、何故炭水化物を減らすことでダイエットとなるのでしょうか。ダイエットで何かを摂取する量を減らすと考えるとき、真っ先に思い浮かぶのはお肉や生クリームなんかに含まれる脂肪や、甘いお菓子、ジュースといった糖分だと思います。

あえて炭水化物を減らすことでやせられるとする理由は何なのでしょうか?それを説明するには、炭水化物が身体の中で分解されたときに何に変わるか?と言うところが重要になります。

炭水化物は、摂取すると体内で分解されます。分解された炭水化物は主に糖に変わるのです。その糖が身体を動かすための力となったり、脳を働かせてくれるので、とても大切なのです。

しかし、必要量以上に摂ると太る原因となってしまいます。

低炭水化物ダイエットは、自分にとって適正な炭水化物量を把握して過剰な炭水化物を摂らないように努めることで、自然とやせられるダイエットなのです。

炭水化物は切っても切り離せないモノ

日本人は米を、欧米人はパンを主食として生活していますが、その中には炭水化物が多く含まれています。特にパンは炭水化物と脂肪分の塊のようなものです。炭水化物は、私たちが生きていく上で、とても大切なモノなのです。

炭水化物は、身体の中に吸収されることで糖に変化します。糖は、毎日、身体を動かすために直接的に必要となるもので、エネルギーとなってくれます。

その為、朝ごはんにはお米を食べたほうが良いと、言われ、疲れたらエネルギーを摂るためにお米を食べたくなるのです。

実際に、朝食から晩御飯まで、ほぼ確実にお米や麺類といった炭水化物を食べていますよね。

しかし、現在の日本は飽食の時代です。しかも、日本人の多くが運動量の少ない毎日を送っています。

本来、私たちはそこまでお米=炭水化物を摂る必要性はないのです。頭ではわかっていても、何故かついつい食べてしまいます。

何故私たちは、炭水化物系がないと満足感が感じられなかったり、何か物足りない気持ちになってしまうのでしょうか。

ご飯がないと物足りない…その理由

食事時、毎回といっていいほど出てくるのが「ご飯、ラーメン、パン」といった、炭水化物系の食べ物です。なくてもなんとかなりそうなものですが、ないと物足りなく感じます。

それは何故なのでしょうか。

炭水化物は身体の中で糖になってエネルギーとして使われるわけですが、それとこれとは話が別です。

炭水化物を摂るとセロトニンという化学物質が脳から分泌される事で満腹感を得ることができる。と言われています。その為、炭水化物を食べないと食べた気がしなかったり、逆に炭水化物だけでも満足してしまったりするのです。

ちょっとした飲食店でコース料理を注文すると、しめと称して最後に炭水化物系の食べ物が出てきますよね。これは、そのセロトニンが分泌されお腹いっぱいになると言う仕組みを取り入れた、昔からの知恵なのです。お鍋の最後にご飯やうどんといった麺類を入れるのも同じ理屈ですね。

炭水化物を食べると満腹感を感じる理由、お分かりいただけましたでしょうか。上手に活用すれば、ダイエットにも役に立つ知識だと思います。

低炭水化物ダイエットには様々な方法がある

一口に低炭水化物ダイエットといってもその方法は大きく3つの方法があります。ここではそれらの方法についての概要をお話します。

1、全体的な炭水化物量を減らす方法

私たちは朝、昼、晩、そして時に間食、とご飯や麺類を食べています。食べることは食べるが、その食べる量を少なくするのです。

つまり、ご飯をお茶碗一杯食べていたのなら、お茶碗半分に減らしたり、お昼はいつもラーメンだったのを、定食系のものに切り替えたり。食べはするが、その総量を減らすことでダイエットとするのです。

2、晩御飯だけ炭水化物抜き

朝、昼はいつも通りきっちりご飯を食べます。丼モノでもラーメンでも何でもOKです。しかし、夜は炭水化物を一切摂らないようにするのです。

夜から寝るまでの時間は少ししかありません。なので、脳も身体もそこまでのエネルギーは必要としていません。

というより、朝、昼にきっちり炭水化物を摂っていれば、夜は無理に摂らなくても十分すぎるほどにエネルギーが余っているのではないでしょうか。

ご飯を食べない代わりに野菜の量を増やすことで、不足しがちなビタミン群を摂取することも可能です。

3、炭水化物を一切摂らない

炭水化物を一切食べないようにします。摂取する糖質がなくなるわけですから痩せるはです。

炭水化物を極端に減らすと…死ぬ?

炭水化物抜きダイエット、といってご飯やパンを食べないようにするダイエットが、巷には存在していますね。

このような無理なダイエットはオススメはできません…

炭水化物は体内で分解されて糖質=ブドウ糖に代わりますが、このブドウ糖というのは、脳の唯一のエネルギー源なのです。脳は、ブドウ糖以外からエネルギーを確保することができません。

私たちは自分で思っている以上に脳を使っています。指一本動かすのにも、脳の働きがなければままなりませんから。炭水化物を制限することで脳にエネルギーが送られなくなり、最終的には脳の活動が鈍る結果になってしまいます。

まだまだあります。糖質が不足すると、肝臓に大きな負担がかかってしまいます。私たちの身体は糖質が不足した時、肝臓にあるグリコーゲンを分解して補っています。

しかし、その蓄えも10時間ほどでなくなります。その時どうするかといえば、今度は筋肉のたんぱく質を分解して補うのです。

このような肝臓での糖づくりは肝臓に大きな負担がかかります。炭水化物を摂らないと、肝臓に大ダメージを与えることになるのです。

いくらなんでも食べ過ぎてしまった…っと言う時は軽い運動を行えば取り戻すようにしましょう。

おすすめ情報

夏の大敵はニキビ。対策は大丈夫?今ケアすれば夏に間に合います!ニキビ ケア方法や原因を基礎から学べる]