成功しない理由

低炭水化物な食生活を続けているのになぜ痩せないのか?原因を説明します

どうして低炭水化物ダイエットが成功しないのか

低炭水化物な食生活を続けているのに中々やせられない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか?

1つは姿勢などの他の部分に原因がある場合といえます。姿勢が悪いせいで猫背になり、お腹が出て見えたり炭水化物以外の栄養がきちんと摂れていなかったりがあげられます。意外なところに太る原因があるものですよ。

正しい姿勢、栄養の整った食事、基礎代謝を上げる事も重要だと言えます。

やせない理由を姿勢とはまた違った視点で考えてみたいと思います。

1、基準がおかしい

例えばご飯を毎食3杯食べていたのを2杯にしたとしても確かに量は減っていますが、元々の量が多すぎますからそこまで変化しない可能性があります。

2、ジュースをよく飲む

どこかでも書きましたが、ジュースは糖質の塊です。砂糖を溶かして飲んでるようなものです。いくら炭水化物を減らしても、ジュースをいっぱいのんでたらまずやせません。

3、他の食品を食べ過ぎている

ごはんをへらすと満腹感が薄れてしまうので、ついつい他の食品をがっつりとたべてしまいがちになります。生野菜を多めにとるようにすると良いでしょう。

4、気が早い

ダイエット始めて1週間で「やせない!!」…それは当たり前です。そんなせっかちな方はせめて1カ月はがんばってみましょう。効果が見えてくると思います。

5、既にやせている

既に標準的な美容体重であるにも関わらず、さらにやせようと考えているのでしたら、この方法は向いていません。

以上です。お役に立てましたら幸いです。