炭水化物を摂らない方法

過度な炭水化物抜きダイエットは危険!メリット・デメリットを説明します

炭水化物無しダイエットについて

炭水化物一切無しのダイエット方法のご紹介です。タイトルずばり「炭水化物を一切摂らないようにすることでやせる!」というダイエット方法なのです。

正直、オススメはできません。炭水化物は、私たちが生きていく上でとても大切なモノです。これを一切摂らないとなれば、栄養上での偏り、それからくる体調不良は必然というものです。

しかし、実際にこの方法でダイエットする人がいることも事実なのです。こういった方法もあるよ、ということでご紹介します。

このやり方は単に炭水化物を一切食べないものです。朝ご飯を食べていたのなら、それはもうやめてその分野菜を食べたり、お肉を食べたりします。お昼、夜も同様です。

ご飯、パン、ラーメン、ソバ、うどん…

とにかく一切炭水化物系のモノは食べないように心がけます。

最初の内は、満腹感が感じられないと思いまが、段々と身体が慣れていけばそこまで苦にはならなくなると思われます。

以上です。正直オススメはできませんし、短期集中でやせるにしてもリバウンドが不安です。同じ食事を断つダイエットなら、断食ダイエットが良いと思います。

炭水化物無しダイエットは安全に痩せるのか?

炭水化物を一切摂らないようにするダイエットのメリットは何でしょう。正直、無いのではないでしょうか。

確かに、体重自体は割と早く減ると思います。しかしその減った分は、脂肪もあるかと思いますが主に筋肉がやせ細ったことによってできたものです。

なぜそうなるのか?というと、炭水化物は筋肉の量を減らす働きのあるホルモンの分泌量を減らしてくれます。

また、体内に一定量の炭水化物があることは、体脂肪を減らし筋肉を付けるためにはとても重要なことなのです。ただ、炭水化物量が過剰になるとそれは体内に蓄積されて、最終的に太ってしまう結果となります。

さらに、脳はブドウ糖によってエネルギーを得ます。炭水化物を摂取するのをやめてしまうと、そのブドウ糖すら足りなくなってしまいます。こういった働きは、炭水化物にしかできません。

炭水化物無しでの最大のメリットは「素早く痩せられること」です。

しかしそれは、体脂肪の減少によってではなく、身体の筋肉量が減少することによってやせられたということになるので、本質的には全く痩せられていません。

炭水化物一切抜きのダイエットは、身体にとって全く有害でしかないのです。短期間で痩せたい!無理してでも痩せたい!そう思った時、人は極端な行動をとってしまいがちになります。

しかし、その行為がもたらす結果がどのようなものになるのか、よく考えることが重要でしょう。炭水化物を一切摂らないようにするダイエットのデメリットを、書いていこうと思います。炭水化物を一切摂らない。そうすると

1、筋肉量が減る…基礎代謝が著しく低下します

筋肉は、基礎代謝を引き上げる上で最も重要といっても過言ではありません。炭水化物を摂らないとそれがなくなりますから、健康にとって大変なことになります。

2、脳に届く栄養が減り、イライラしたり、集中できなくなります

脳は毎日大量のエネルギーを必要とします。そのエネルギーの多くは炭水化物から分解した栄養によって賄われています。その炭水化物を摂らないということは「脳がダメになる」ということになります。

炭水化物は、私たちが生きていく上で非常に重要な栄養素です。炭水化物を一切摂らないと確実に健康に害を及ぼしてしまうでしょう。

ただ、いくら体に必要と言っても、摂り過ぎが害になるのもまた事実です。炭水化物中毒という、怖いモノもあります。

ダイエットは一生続けることにこそ意味があります!極端なダイエットは控えましょう。