続けるコツ

ダイエットを続けるポイントを説明します

挫折しがちなダイエット。続けるには?

さぁ、今日からダイエットだ!そう思ったとして、それからきっちり実行し続けることができるヒトは、果たしてどれくらいいるのでしょうか?

もちろん、数か月頑張って、10キロやせた!!って方は大勢いると思います。

しかし、ダイエットはそこからが本番なんです。がんばって我慢に我慢を重ねて、やせた!としても、やせたことに満足し、その後は我慢をやめ元通りの生活に戻したとしたら結局は体重は元通りでしょう。いわゆるリバウンドです。

そう、ダイエットは始めたら一生続きます。数か月の我慢じゃないんです。

もう一度言います。ダイエットは一生続くんです。

そのためには続けられるダイエットをしなきゃいけません。続けられるようにしなければなりません。ダイエットを続けるコツとして私がオススメしたいのは毎日体重を計る事です。

体重を計るだけでダイエットは続く

何故、体重を計るだけでダイエットを続けることができるのでしょうか?

体重を計ると、当然ながら今の自分の体重が分かります。毎日のるようにすれば、毎日の体重の変化が分かります。そうするとどうなるでしょう。

こうは思いませんか?例えば1日前の体重が55キロだったとして、「太っている…やばい」「今日は食事は少なめ、野菜多めにしよう運動しよう」「変化なし…変わってない、よしよし」「やせている…やせてる!!やった!!でもなんでだろ?orダイエットの効果が!」どうでしょう?

ここでもし太っていたとしたら、やせるように気を使いますよね。逆にやせていたら、もっとがんばろうと思えます。

やっぱり、人にとって数字って影響が大きいんです。ごまかしがききませんから。毎日体重を計って、今の自分を知ることがダイエットをするためにはとても大切なことなんです。

メモを使ってダイエット継続

食事をメモしてダイエットを継続させる事は、いわゆるレコーデイングダイエットです。もちろん、本家のレコーディングダイエットはこれだけじゃないでしょう。食事をメモすることに加え、さらに独自の方法があるんだと思います。

しかし、ダイエットを継続するための方法としてはこれは非常に有効だと思います。食事をメモする最大のメリットは、無理せず食事量を減らせるということだと思います。

例えば、ある日のメモの食事量に「朝:ごはん、みそしる、納豆」「昼:かつ丼」「夜:出来合いの総菜、ご飯、みそ汁」「その他:メロンパン、アンパン、ポテトチップス、コーラ、コーヒー、大福」など、大量に書かれてあったら、どうしますか?

次の日はこんな書かなくていいようにしよう…と思うと思います。

また、これ買ったら、またメモに書き足さなきゃな…めんどくさいな…そういう考えもあるでしょう。何にせよ、メモをとると食事量を抑えられます。

カメラでダイエットのやる気維持

カメラを使って、ダイエットを継続する方法があります。カメラとダイエット…ってなんだか全然つながらないようにも思えますが、良い使い方があるんです。

それはとても簡単です。1週間毎、もしくは2週間毎くらいで自分の正面姿、横向き姿などをカメラに収め続けるんです。姿見くらいのサイズの鏡があれば簡単にできます。携帯のカメラでもOK!

これだけで何故継続になるかというと、ダイエットにしても何にしても、結果が目に見えて分かるとやる気が出ます。この方法は、自分のダイエットの成果を写真と言う形で残すことでやる気を維持するんです。

つまり、いつもいつも自分の身体を見ていると、見慣れちゃうので中々変化に気づけません。でも、1週間前、はたまた1か月前の自分の写真と今の自分の写真が手元にあったらどうでしょう?一目瞭然!!ですよね。

私、結構やせてるな。写真撮って見比べるたびに痩せてるな。そう思えたら、すごくやる気が出ると思いませんか?

友達と一緒にダイエットで継続

一人でダイエットをしていると、誰もみていないところでついつい気がゆるんでしまったり、諦めたりしてしまう。実際、諦めたからって誰も責めたりしないし、むしろ慰めてくれる。

そんな方は友達と一緒にダイエットに取り組みましょう。毎朝、待ち合わせをしてジョギングに向かう。今日何を食べたかを夜、毎回メールや電話で連絡し合う。食べたくて仕方なくなったら、とりあえず友達に相談してみる。

他にも方法は様々あると思います。自分一人だと諦めてしまいがちでも、監視してくれる人がいれば意外と継続できるモノです。

ダイエットの苦労や楽しさを分かち合えるのも良さですね。

ただ、ダイエットは最初どーしても気持ちのイライラや腹立ちがつきものです。なのでそれをぶつけあったりしないように気をつけましょう。

せっかくの友達をダイエットのせいで失くしたら最悪です。友達と一緒にダイエットをするのはとても効果的。でも、この方法を使うなら、友達との関係がギスギスしないように気をつけましょう!

ダイエットを諦めない方法

ジュースを飲むのをやめ、ご飯をいっぱい食べるのをやめ運動を頑張りと、ダイエットに努力していると、どうしても諦めたくなる瞬間があると思います。そんな時、諦めないで済む方法があります。

それは、食べたくなったら食べる!!ことです。いやいや、それじゃ諦めてるじゃん…そう思った方がほとんどだと思います。でも、それでいいんです。

何故かでしょうか。それは、この我慢が大きなストレスを生んでしまうからです。

ここで頑張って我慢して最終的にやせることができたとしても多大なストレスを身体は感じてしまっていますからひどい時なら、いずれは拒食症や過食症に陥ってしまいます。

そうならなくても、意味無くイライラして周囲にあたったりして社会生活にも悪影響が起きる可能性が高いです。

そんな風になるくらいなら、体重が減る速度が多少遅くなったとしても、食べた方がマシってものです。

もちろん、あまり頻繁だとダメですが、2週間に1回、もしくは月に1回くらいなら、気にしなくてもいいんではないでしょうか。

炭水化物中毒かも?

低炭水化物ダイエットに取り組もうとすると何割かの人は必ずといっていいほど挫折します。

がんばって炭水化物を減らそうとしても、どうしても食べたくて仕方なくなってしまい、気づいたらご飯やパンをたらふく食べてしまう…。

どうしてなんでしょう?

頑張ってダイエットしようにも、このように突然我慢できなくなってしまうと、中々つらいです。そんな方は、別に我慢弱くて駄目なわけではありません。炭水化物中毒になってしまっている可能性があります。

炭水化物中毒と言うのは、簡単にいえばインスリンが過剰に分泌されるようになった状態です。名前がいかにも恐ろしげですが、アルコール中毒やタバコ等と同様に誰もがなる可能性があるものです。