夜だけ抜く方法

夜だけでお効果がある炭水化物ダイエットの方法やメリット・デメリットを説明します

夜だけ炭水化物を抜くダイエットについて

夜だけ炭水化物を抜く、食べないダイエットの方法についてご説明します。

夜だけ炭水化物抜きダイエットの特徴は下記の2点があげられると思います。

  • 夜以外は割と自由に食事ができる→間食もそれなりにOK
  • 夜はご飯や麺類といった炭水化物は食べない

少し詳しく説明します。名称からして大体想像はついてると思いますが、単純に夜だけ炭水化物を食べないようにするという方法です。朝、昼はいつも通り食べてもOK、丼物、ラーメン、どっちもOKというものです。

夜は、ご飯を食べない分、野菜やお肉といった他の食品をきちんと食べることで、食物繊維、たんぱく質、ビタミンといった、身体にとって必要不可欠な栄養を摂ります。

非常に簡単で、かつ、分かりやすいダイエット方法です。かつて、芸能人の倖田來未さんが、「夜18時以降は何も食べない」というダイエットを提唱して話題を呼びましたが、この夜だけ炭水化物を食べないダイエットというのは倖田來未さんの方法から、炭水化物以外は食べて良いということにしたということで良いと思います。

夜だけ炭水化物無しのメリット

夜だけ炭水化物を抜く方法のメリットはなんでしょう?

それはやはり、朝、昼は自由に食べられる。と言うところに尽きると思います。間食なんかも割とOKですから。

ご飯に合うおかずってありますもんね。これを食べるときには、ダイエットなんか気にせずにご飯をお腹いっぱい食べてしまいたい!そんな風に思うおかずが。

食事を無理に我慢することは、知らず知らずのうちにストレスとなって精神的に悪い影響をあたえてしまいがちです。自分一人がそれでイライラしてるだけで済むならまだ良いですが、学校や仕事場でいつもイライラしていたら周囲に悪影響を与えてしまいます。

その点で、この方法は朝、昼に我慢しなくていいので精神的に安定します。夜、炭水化物が食べられないというのはありますが、基本的に学校も仕事もない時間帯です。

この方法だとやってみるとわかると思いますが、朝起きた時にとってもお腹がすきます。その為、朝しっかりと食事を摂って元気よく仕事や学校に行くことができるというわけです。

夜だけ炭水化物無しのデメリット

夜だけ炭水化物抜きダイエットのデメリットは、付き合いでの食事が普段からある人は中々実践するのが難しい部分があるという所だと思います。

友人とご飯を食べに行ったり、会社の仕事で取引先の人と食事を摂ったりする際に、「ダイエット中だからご飯ものは食べません」なんて言えません。友人との時ならまだ良いかもしれませんが、仕事となるとまず無理でしょう。

だから、普段から仕事上の付き合いでの食事や、飲み会なんかが多いという人には夜だけ炭水化物を抜くダイエットは難しいと思われます。

もう一つデメリットを挙げるとすれば、夜食べない分、朝、昼にたくさん食べても大丈夫と思ってしまう。というのが考えられると思います。

夜に炭水化物を抜くから、朝、昼は大量に食べてもいい!!というダイエット方法ではありません。過度の食事はかえって太る原因となってしまいます。

どんなダイエットでもそうですが、自分の食欲をいかにしてコントロールするか?それが重要なカギになります。

おすすめ情報

英語が母国語ではない医学研究者が学術誌にスムーズに論文を受理してもらうにはネイティブ校正が欠かせません。論文の質を英語のレベルで評価されないようにネイティブでない執筆者はまず英文校正を依頼します。ジーニアスプラスでは、医学論文を専門とした英文校正サービスを行っている業者で、スタッフは10年以上の経験がある論文校正のエキスパートたちです。プランに合わせて事前に校正箇所を提示してくれるので作業内容も把握できて安心です。校正証明書も無料で発行してくれます。

論文校正を依頼するならこちらから