全体的に減らす方法

全体的に炭水化物量を減らすダイエットのメリット・デメリットを説明します

全体的に炭水化物量を減らすダイエットについて

ここでは、三食きっちり炭水化物を食べるけれども全体的な炭水化物の量を減らすダイエットの方法についてご説明します。

「ちゃんとご飯を食べないと物足りない」という方や、「やせるにしてもきちんと健康的にやせたい」という方にオススメです。

炭水化物の減らし方は大雑把でいいです。朝、ご飯を一杯食べていた人なら半分にしたり二杯食べていた人なら、一杯だけにします。

お昼はラーメンやどんぶりはやめましょう。外で食べるなら、そばや定食といったモノがオススメです。可能ならご飯の量は少なめが好ましいです。

ただ、お昼からの時間は一番エネルギーが必要な時間だと思います。あまり無理はせずにちゃんと食べるというのも良いでしょう。

夜から寝るまでの時間は、そこまでエネルギーを必要としません。なので、晩ご飯は一番炭水化物量を減らすことができます。

いっそ一切食べずに、その分を野菜やお肉といった他の栄養を摂取するのに回すのも良いかと思います。

ただ、夜は飲み会や付き合いでの食事があるから難しいという方も多いでしょう。そういった方は、付き合いで食事のある日は気にせずにしっかり食べて、翌日の晩ご飯で炭水化物を摂らないようにするといった方法が良いでしょう。

部分部分で食べ過ぎても、全体的な摂取量が減らせればOKですから食べ過ぎた翌日は減らす、食べなさ過ぎた翌日は多めに摂る。それで、良いと思います。

全体的に炭水化物を減らすダイエットのメリット

全体的な炭水化物の摂取量を減らすダイエットのメリットをご説明します。全体的な炭水化物の摂取量を減らすダイエットの、まず第一のメリットとしては、我慢が少なくてよい。ということが挙げられます

一食丸ごと炭水化物を抜く、といった方法はどうしても強い我慢が重要になります。それまで食べていたのを急に失くすわけですし、自分の意思で摂らないようにがんばったとしても身体は強烈に炭水化物を求めますから。

その点、毎食の炭水化物量を減らすだけなら、身体はそれなりに満足してくれますし、全く食べないのに比べれば気持ち的にも我慢しやすいかと思います。

次に、健康的に良いということが考えられます。今現在太っているという方は、日ごろの食事から炭水化物量が過剰になっていると思われますから、毎食の炭水化物を減らすことで正しい食生活に近づくことができます。

全体的に炭水化物を減らすダイエットのデメリット

全体的に炭水化物量を減らすダイエットのデメリットは、炭水化物量以外の所に原因がある場合に効果がないという事です。

当然のことかもしれませんが、太っている原因が別にある場合やせることはできません。

普段の食生活を見直してみて、特に炭水化物を多く摂っているわけでもないのに、太っている…そう感じる方は別なところに原因があることが考えられます。

太っている原因は実に様々です。姿勢、運動不足、腸の働きが悪い…等々。ダイエットを始める前に、ご自身の身体の状態を様々な視点から再度確認してみるのが良いと思います。